3/12の終わり

3月が終わりそうですね。 うわ、3/12って約分すると、今年の1/4が終わったんですね。なんか衝撃…。 3月は教科書書いて、学会準備して、学会行って、打ち合わせして×3、陸の水書いて、、、 ちょっとヘビーなものが2つ入ってますね。あと、出張し過ぎ(自分…

ひさしぶり

今日はひたすら、解析、作図、解析、作図、解析、作図。。。まだまだ続きます。。。 完璧ではないが、大方、考えていた通りの(要するに、既存研究を裏付ける)結果が出てくる。 さて、オリジナリティーだが、あるのか? 感覚的には、みんなが納得するだろう…

どこへ行くのやら

ライバルが先に進んでいる気がする。それは研究に限らず、人生においてである。 楽しんでるかい? 自分に問いかけると、ちょっと落ち込む、、、ちょっとね。楽しければ良いってもんじゃないってのもわかる。自信のあること、どーでもよいこと、羨ましいこと…

一気呵成!?

とりあえず一気書きでゼロ稿完成。10日ほど費やしたけど、完全に1日1ページペース。早いのか遅いのか不明。主観として、よく書いた気になってるけど、客観が大事なので、とりあえず色々な人に読んでもらって感想を聞かなくては。果たして自分の書いたものに…

テンションUP

なにげなく読んでいた論文に、自分の論文が引用されていると嬉しいもんですね。しかも、それが総説だったので、比較的、多くの人の目に触れそうだし。 まぁ、数多く引用されている論文のひとつではあるし、単に、○○なことを示していると言った文脈だったので…

2/12の終わり

2月が終わりましたね。2月は、教科書のためにレビューして、輪読準備して、輪読して、輪読準備して、学会準備して、学会行って、輪読して、査読して、教科書書き始めて、、、なんか自転車操業。 あ、論文書いてないや。でも、今月は2つのことを、結構しっか…

プロの言葉

昨日、家で何気なくテレビを見ていたら、プロフェッショナル仕事の流儀(プロフェッショナルを導いた言葉)で良い言葉に出会いました。 「型破りな演技は、型を知らずにはできない。型を知らずにやるのは、型なしというのだ」 歌舞伎俳優の坂東玉三郎さんが…

1/12の終わり

一年の最初の一カ月が終わりました。この一カ月、毎日何に取り組んだのか、簡単にチェックしていたのですが、振り返ってみれば、一カ月というのは、短いもんだなというのを痛感しますね。査読して、会議して、会議して、論文書いて、データベース整備して、…

おもしろい

うわ!面白っ!1.女性の鼻にある赤い点を30秒みつめる。 2.白い壁を見て数回瞬きをして下さい。補色残像?

多様な名前

膨大なデータと向き合って5日目。ずっと続けてると、発狂しそうなので、少しずつ少しずつ。休憩しつつ整理整頓をする。今年は、ひとつのことに取り組み続けるようにしたいから、キリがつくまで他には極力手を出さないように耐える。 しかし、データというの…

一週間の始まり

久しぶりに腰痛発生。運動不足でしょうか?最近、どうもスッキリとした生活習慣を送れていない所に原因がある気がしますが。。。そして、今日はなぜか寝坊しかけて、メガネで一日過ごす。やっぱりと言う感じで、メガネを支える鼻の部分が痛くなる。。。そし…

蓄積することの意味

色々なものを抱えて、色々なものを蓄積して、その中から色々なものを表現して、の繰り返しですが、蓄積したものは、全てはリンクしていると信じているし、そうなるように取り組んでいるつもりです。そして、蓄積したものが、美味しく発酵して、新しいものを…

教えてほしいことがたくさん

Ecological integrityとEcological healthって一緒? というか、日本語にすると何? 生態学的な健全性とでも言うんかいな。。。

初思考

生物多様性どう生かすか―保全・利用・分配を考える (地球研叢書)作者: 山村則男出版社/メーカー: 昭和堂発売日: 2011/10メディア: 単行本この商品を含むブログを見るこの本は、生物多様性条約の本でした。なぜ、生物多様性が重要なのかについて、知らないこ…

三十而立

このブログも、気がつけば一年が経過しました。大したことは書いてませんが、お付き合い頂き、読んで頂いてる方々、今年も宜しくお願い致します。写真は、去年の夏に登った富士山の山頂から撮った写真です。動ける程度だったから良かったですが、高山病な感…

先を行く集団

自分が漠然と考えていたことやイメージにピッタリな考えや図にヒットすると、「そうそう、これこれ」と言った感じで嬉しくなります。自分の考えていたこと、良い筋行ってるんちゃうって感じで。 でも、よくよく調べてみると、当たり前の話ですが、自分が思っ…

年末が迫ってまいりました

地熱 査読 次の陸の水 ESJ解析→要旨 SAD論文 マクロPhe つくば資料 輪読 in センター 輪読 in 北大

おんなじ

Iさん Sさん Kさん Mさん Mっちゃんふぅ、背筋が伸びます

飽きた

1つ終わりました。年内にやりたいことは、あと3−4個やることはあるのですが、次なる取り組みの前に、机周辺を掃除。掃除と言えば、聞こえは良いが、要するに飽きただけ。眠いし、疲れたし、リフレッシュも兼ねて。机の上に積み上げられた論文の山を見て、…

寒い

今朝は寒かったですね。 朝早かったせいなのか、車の窓が凍ってました。本格的に冬って感じです。車のタイヤを交換しなきゃいけないなぁ。。。いつにしよう。さて、本日は打ち合わせがあるのですが、その準備がまだできてません。最近、できてないことが再び…

製造から創造へ

予算の問題は確かにあるでしょう。でも、映画や絵本にまでなり、多くの夢と希望を与えたことは事実です。はやぶさ初代が示した最大の成果は、国民と世界に対して、我々は単なる製造の国だったのではなく、創造できる国だという自信と希望を具体的に呈示した…

総説を読む2

言ってるそばから、投げ出したくなるのだけど、やっぱり、ちゃんと過去のしっかりと書かれた論文や、みんなが注目した論文や総説は、自分の中にしっかりと落とし込んで、さらに、咀嚼して吐き出せるくらいにしておかないと、ダメなんだと思う。というわけで…

総説を読む

河川生態学を学ぶ上で、とても重要な仮説としてRCCとFPCが挙げられると思います。もちろん、他にもありますし、この二つが同列なのかは議論すべき所もあるかと思います。 まぁ、そうは言っても、知っておくべき仮説であろうということで、解説文を執筆してま…

50年を経て

"Homage to Santa Rosalia"って言うんだ。初めて知りました。生物多様性を研究してるんなら、知っておけって感じですね。。。 こういう、語り継がれるような言葉の重みはスゴイですよね。

12月はラッシュ確定

気がつけば12月。いや、そりゃ、知ってましたけど。ヤバイなぁ、と感じる歳末のラッシュ。こんな時に、寝不足は大敵ですね。調査だと、寝不足でも何とかなるのですが、一応、頭を使うとなると、集中力が不足してきます。さて、ようやく色々な事務処理やら手…

11月後半は出張続き。。。

気がつけば、12月。北海道で色々と学ぶ。いろんな意味で色々と。とりあえず、久しぶりに驚きの自然現象に出会って、テンションUP。でも、自分の不甲斐なさと、やることの多さにテンションDOWN。ま、元に戻っただけですね。それにしても、人の魅力は、能力と…

対局の深さ

水圏であることには変わりがないけど、同じ水の中の生態系でも、河川生態系と一番遠くにあるであろう、"deep sea hydrothermal vent ecosystem"(深海熱水孔生態系?)なんてものを少し調べてみる。文字通り、深い。。。

脳トレ

Facilitation もしくは Competitionがあると、Evennessってどうなる。。。ふむふむ。何かに一区切りつくと、論文の山をメモったり、Endnoteに登録したりと大掃除に取りかかることが多いが、多くの場合、最後まで終わりません。1時間でほんの少ししか進まな…

無我夢中

騒がしい…、集中力が持って行かれる…。修行が足りませんな。

めんどくさい

どうして、論文のリファレンス形式は統一されていないのでしょうか?省略するとかしないとかは、紙面上の問題だけど、カンマをつけるとかつけないとか、first nameを先にしたり、後にしたり、あぁ!チェックして修正するのが非常に面倒だ!(EndNoteは持って…